社会保険労務士の年収は、いったい何百万円が普通なの? 

安定収入の勤務型と上限なしの開業型…あえていうと500~700万円あたりが中間値かも!

社会保険労務士は、黙っていても最近はよく褒められる資格になったみたいです。まあ、まだ知らない人はまったく何も知らないようですけどね。
とにかく、社会保険労務士は成功するだの仕事ができるようになるだのと、噂が流れていますね。そんな噂を聞くと、「だったら、いくらくらいもらえるの?」と素朴な疑問が湧くのが普通でしょう。

Q10.社会保険労務士の年収って、何万円くらいになりますか? 

Ans.これは一概に答えにくい問題です。
勤務型だったら、サラリーマンやOLですから、それぞれの会社の通常の社員のようにもらえると思ってください。平均値を知りたいなら500~700万円の間ではないでしょうか。
開業型だったら、格差がもっと激しいです。平均といっても幅をつくらないといけません。下は300~400万円くらい、上は700~900万円くらいにしておきたいですが。

社会保険労務士の実態調査が行われることもあるそうです。しかし、何人くらいの社会保険労務士に調査をしたのかはっきりしないことが多いですね。つまり母数が少なくて、あてにならないことも多そうだということ。

書いたように、勤務型社会保険労務士の年収は、その会社の規定に従うことになるはず。
社会保険労務士を社員として雇う会社ともなると、中堅~大企業だって多いはずですね。つまり中小企業の平均賃金よりは恵まれているのではないでしょうか。資格手当が支給される可能性もありますし。
気になるなら、社会保険労務士の募集をしているような企業の人事部や総務部の平均年収を調べるとよいでしょう。どのみち、昇給・昇進については年齢やキャリア、実績等の影響を受けますね。
すごく高い年収になる可能性は低いかもしれませんが、安定感がある点は間違いなく大きなメリットでしょう。

開業型社会保険労務士の年収は、どうしても計算しづらいです。登録はしたままでも、たいして仕事をしていない人も少なからずいますから。そういう人たちは、社会保険労務士としての年収はゼロに近いでしょうから平均値を下げてしまいますね。

社会保険労務士の仕事だけで生計を立てている人なら、まだ1~2年目くらいでも300~400万円くらいは平均して稼いでいるでしょう。さもないと、経費も賄えないですね。
しかし、開業から数年で500万円を突破しているケースはたくさんあります。それは間違いありません。それに、マスコミに顔・名前を出すことがあるような大御所クラスになると、1000万円をオーバーしている人が本当によくいますね! 

社会保険労務士の年収は、「あなたしだい!」ってとこですかね。堅実に頑張るなら、最初の1~2年はシビアでも、年々収入をアップさせていくことは望み薄じゃありませんよ。年収500万円や600万円のラインを数年で安定させて、さらにそこから上に行けるようになることは難しくないはず! 

>>合格したい人が実践するべき勉強法はこちら