社会保険労務士の魅力は?

柔軟性も将来性もバツグン! 人生のよきパートナーとなる資格です

次に気になるのは、社会保険労務士になるとどんないいことがあるのかな?ってことでしょう。
将来的に需要が高まるのか?とか、特に女性は働き方のスタイルなども気になること。この仕事の魅力もしっかりリサーチしてから資格取得を目指しましょう。

Q2.社会保険労務士はどんな魅力があるの? 将来性はあるの?

Ans.2種類の働き方ができるのが魅力。少子高齢化で注目されること間違いなし!

私が考える社会保険労務士の魅力のひとつとして挙げられるのは、2つの働き方が選べるということ。
例えば、行政書士のような独立開業型の国家資格は、サラリーマンをしながら行政書士として働く、ということが許されないので、資格を活かしたいなら自動的に会社は辞めざるを得ないんだけど、社会保険労務士の場合はそれが許されるんです。
どういうことかを簡単に説明すると……

●パターン1

独立開業してフルパワーで営業 →→→ 土日も仕事だけとがんばるもん! →→→ やったー!年収1000万だあ!

●パターン2

今より大きい会社の人事部に転職 →→→ 土日はもちろん休み!福利厚生も充実してるよ →→→ お給料はほかのサラリーマンと一緒だけど、何より安定してるもんね!

という2つのパターンからお好みの方を選べるということ。
特に女性の場合は、結婚や出産などの人生の転機にどう働こうか迷う人も多いはず。
私の場合はパターン1を選んでバリバリ働いてますが(まあ、バツイチなんで…)、あんまり冒険したくないわ…って人はパターン2を選ぶでしょうね。

さらに、社会保険労務士の注目すべき点は、これからの日本が必ず迎えるであろう、少子高齢化の波に乗っている資格だ、というところ。
年金問題がもっと話題になるだろうし、シルバー人材がどんどん増えてくると、雇用形態も複雑になっていくだろうし……
それは、将来的に社会保険労務士が活躍する場がもっと増えるってことを意味してるんです。
日本国にとって少子高齢化は由々しき問題ではありますが、社会保険労務士にとっては、いっぱい儲けちゃうチャンスでもあるわけです。

>>合格したい人が実践するべき勉強法はこちら